戸建てをリノベーションしたい!メリット・デメリットや費用を解説

理想の戸建てに少しでもお得に住みたいなら、戸建てのリノベーションをすることがおすすめです。ここでは、戸建てリノベーションのメリット・デメリットや費用相場、費用を抑えるポイントを紹介していきます。

戸建てリノベーションのメリット

中古の戸建てをリノベーションするメリットを2点紹介します。

新築を建てるより費用を抑えられる

戸建ての購入費用は安くはありません。新築の場合は数千万円以上、注文住宅になるとそれ以上の金額になる場合があります。しかし、中古物件は安ければ数百万円から購入することが可能です。

特に築20年以上の中古戸建ては建物の価値が著しく低下するため、ほぼ土地代の金額で手に入れることができる可能性が高いです。

中古戸建てのリノベーションをする際に建材を工夫すると、より安い価格で理想の間取りやおしゃれな空間へとリノベーションすることができます。ほとんどの人が建材やリノベーションについて詳しくはないと思いますが、専門業者に聞くと親切に対応してくれます。

自由に間取りや内装を変更できる

新築の場合、すでに出来上がった間取りなので、住む人が家の間取りに合わせて生活することになります。一方、中古戸建てをリノベーションするのであれば、間取りや内装をご要望に応じて変更することができます。

壁を取っ払って広い部屋を作ったり、システムキッチンを設置したりすることも可能です。たとえば築年数の古い中古戸建てであったとしても、部屋の数を増やしたり最新のトレンドを取り入れたりすることで住みやすく理想的な住まいへと変えられます。

戸建てリノベーションのデメリット

費用を抑えたり自由設計ができたりするメリットがある一方で、戸建てのリノベーションにはデメリットもあります。

住み始めるまで時間がかかる

新築の場合、購入・引き渡し後すぐに住むことが可能です。しかし中古戸建てをリノベーションする場合は購入後、引き渡しの前に建物検査や設計、リノベーション工事があります。そのため戸建ての購入後、数ヶ月間住めないことが多いです。

引き渡しまで長期間かかるので、仮住まいを探す必要があるケースも出てきます。ホテルや賃貸で仮住まいをする場合、ある程度まとまった出費がかさみます。

予想外の費用がかかる可能性もある

中古戸建ての購入後に、思わぬ箇所が劣化していることに気づく場合があります。排水管の破損や柱のヒビなどがあるのであれば、修繕費がかかります。

また建築基準法により耐震基準を満たしていない場合、耐震対策が必要になります。場合によっては新築戸建ての購入よりも経費がかかる可能性もあるため、購入前に中古戸建ての物件調査をすることがおすすめです。

戸建てリノベーションの費用相場

戸建てのリノベーションにかかる費用を、大まかに2つのケースに分けて説明します。

内装のみリノベーションした場合

費用相場:400万円〜

リノベーション工事を行う面積や戸建ての築年数、工事内容によって費用が変わります。大きなリノベーションをするのであれば、解体費用も合わさり高額になる場合もあります。部分的なリノベーションであれば、費用を抑えることができます。

たとえば、

・水回りをまとめてリノベーションすると100万円〜

・壁紙変更は3万円〜(6畳)

・フローリングの張替えは12万円〜(6畳)

予算とご要望のリノベーション内容を専門業者に相談して、あなたに合ったリノベーションを実現させましょう。

内装・外装ともにリノベーションした場合

費用相場:1,000万円〜

上記の内装に加えて、外装は屋根・外壁などをリノベーションします。屋根の施行方法には塗装・重ね葺き・葺き替えの3パターンがあり、屋根の状態や施工方法によって費用が異なります。

また、外壁も屋根と同じように塗装・重ね張り・張替えの3パターンの施工方法があります。どのような施工方法がいいのかを、リノベーション前に予め専門業者へ相談しましょう。

戸建てリノベーションの費用を抑えるポイント

中古戸建てのリノベーションは新築戸建てよりも安価になる場合が多いですが、そもそも費用自体は高額です。ここでは費用を抑える3つのポイントを説明します。

間取りを大きく変更しない

間取りを大きく変更すると間仕切り用の壁を設置、または撤去の費用がかかります。特に水回りの移動は排水管の移動を伴うので費用が高くなります。現状の間取りを活かしたリノベーションをすれば、費用を抑えることが可能です。

設備・素材のグレードを変更する

現在は多種多様な資材が存在します。資材によって費用の幅も大きいです。安価な資材だからと言って、必ずしも悪いものということではありません。たとえば、珪藻土の塗り壁を使えば部屋の調湿を保てますが、珪藻土クロスに変更すれば費用を抑えながら部屋の調湿をすることも可能です。

減税・補助金制度を活用する

「高齢者住宅改修費用助成制度」や「住宅特定改修特別税額控除」といった、国からの補助金があります。自治体によっては補助金があるので、詳しくは専門業者や各関係機関にお問い合わせください。

賢くお得に戸建てリノベーションを

ご説明してきた費用を抑えるポイントを参考にして、理想の間取りやおしゃれな空間を手に入れられるよう、ぜひリノベーションを成功させてください。そのためには、信頼のおける専門業者に相談することが大切です。

弊社では、戸建てのリノベーションを行っています。多くの実績があるので、どのようなご相談にもお答えできます。ご相談・見積もりは無料なので、お気軽にお問い合わせください。

関連記事

  1. レンガでおしゃれな外壁を作る方法!費用・積み方まで徹底解説

  2. クローズ

    2021-2022 年末年始休業のお知らせ

  3. 内装にひと工夫でトイレをおしゃれに!リフォームとインテリアのコツ

  4. 外壁

    住宅の外壁は何で選ぶ?外壁の種類を理想のスタイルから解説

  5. 和室から洋室へリフォームする際の工期と費用相場を解説!施工事例もご紹介…

  6. センスが光る洗面所にリフォーム!知っておきたいポイントを解説